RCI ロイズマガジン

【ロイズマガジン】vol.31 : RCIの反転を使って、年末のボーナス相場で勝ち残る方法-その2-

投稿日:2019年12月6日 更新日:

こんばんは!

グローバル・ロイズ株式会社の
大木です♪

今日もブログを開いてくれて
ありがとうございます!

今週、僕がお送りする内容は今日でラストになります。
1週間本当にあっという間でしたね、、、ちょっと寂しいです(T_T)

こんな感じで、ボヤボヤしている内に2019年も終わって、
2020年の東京オリンピックの日もあっという間にやってきて
あっという間に終わってしまうんでしょうか。

僕は、今年はFXで10万円くらい稼げれば
とりあえずの目標は達成できるので、
あと、やり残したことと言えば大掃除くらいでしょうかw

もし、
「今年もなんやかんやで目標達成できなかったなぁ・・・」
「来年からまた頑張ればいいや・・・」
「そもそも目標なんて立ててなかった(笑)」

なんて考えている人がいたら、諦めるのはまだ早いですよ!

なんだったら今から新しいことを始めても
遅くはないと、僕は思います。

人生もFXも同じで、結果の良し悪しはどうであれ、
結果は行動からしか生まれませんので
失敗を恐れず、トライ&エラーで
悔いのないよう2019年を締めくくりましょう!

さて、ここから本題ですが
先日はRCIのトレードテクニック第1弾として
お送りしましたが、

今回はその“ 第2弾 ”として、さらに深堀りした内容を
このブログを読んでくれている
“ あなただけに ”お送りしていきたいと思います!

ぜひ、最後まで読んでもらえたら嬉しいですm(_ _)m

●―――――――――――――――――――――――○
今日からあなたも『RCI』マスター!
●―――――――――――――――――――――――○

さて、第1弾は短中期RCIの
“ ゴールデンクロス ”と“ デッドクロス ”というテクニックを使って
売買サインを見分けていったかと思います。

もし、「まだ確認できていないよ!」という人は
こちらのバックナンバーをのぞいて見てくださいね♪

『【ロイズマガジン】vol.30 :RCIの反転を使って、
 年末のボーナス相場で勝ち残る方法-その1-』

このゴールデンクロスとデットクロスなんですが、
どちらの売買テクニックも、「1つの方向に対して、1エントリー」
しかできないのがセオリーでしたよね。

前回までは常識だったことですが、中には
「ああ・・・言われてみればそうかも・・・」
と思った人もいるんじゃないでしょうか?笑

実はこの常識を覆す“ ある手法 ”を使うことで
利益は天と地の差にも変わってくるので
ここから先は、冗談抜きで要チェックですよ!(`・ω・´)b

●―――――――――――――――――――――――○
張り付きテクニックで、どんどん積み増ししよう!
●―――――――――――――――――――――――○

まずはこちらのチャートを見てみてください。

デッドクロスであれば+100%に近いところ、
つまり一般的には+80%以下で買われ過ぎと判断されるので
そのタイミングで短期線が中期線を上から下に抜ければ
売りエントリーのタイミングとなり,



決済は、-80%以下の売られ過ぎのところで
短期線が中期線を下から上に抜けたタイミング(ゴールデンクロスのタイミング)


第1弾でお伝えしたテクニックを、そのまま再現すれば
このようなトレードになるのではないでしょうか?


「前回と同じ内容じゃんか!もう分かったよ!」

と思われた人、まだ慌てないでください。
このチャートを見て何かに気付きませんか?

そうです、中期線と長期線が天井で張り付いているにも関わらず
短期線だけ何度も上下に振れていますよね?


実はこの短期線の、“ 上下の振り ”
かなり重要になってくるんです!

オシレーター系のインジケーターの特徴として
強いトレンドが出て、張り付きが発生すると、
使い物にならなくなるということは
実はよく言われることなんです。

RCIもその例外ではないんですが、
複数の設定期間のRCIを使うときは
これを逆手に取って利用することができます!

中期線や長期線が上下に張り付いている時は、
強いトレンドが出ているということは、
すでに知っているかと思いますが、

そのトレンドの中で戻しがあったときに、
つまり短期線は敏感に反応して戻り目を
教えてくれるというわけなんです\(^o^)/


長期、中期の張り付きの状態で短期線が上がってきた
というのをサインに、こんな感じで、
積み増しエントリーのチャンスが潜んでいるんです。


戻り目のタイミングで3回積み増ししたことで、
通常と比べて、およそ2倍もの差が出てきました。



この調子で次は、買いのパターンで見ていきましょう♪
まずは通常のエントリーから!

ゴールデンクロスであれば-100%に近いところ、
つまり一般的には-80%以下で売られ過ぎと判断されるので
そのタイミングで短期線が中期線を下から上に抜ければ
買いエントリーのタイミングとなり、


決済は、+80%以上の買われ過ぎのところで
短期線が中期線を上から下に抜けたタイミング(デッドクロスのタイミング)


通常エントリーの場合、結果はこのようになりました。


さて、すでに気付いている人もいるんじゃないでしょうか?
次に積み増しのパターンも見ていきます。

売りのパターンとは逆に、短期線が上から下へ
Uターンしてきているのが分かると思います。


つまり短期線は敏感に反応して押し目を
教えてくれているという認識になります。

この長中期の張り付きの状態で短期線が下がってきた
というのをサインに、積み増しエントリーを
することができました\(^o^)/


短期線って上下にせわしなく動くので
何だか扱いに困るなぁ・・・と僕は思っていたのですが
押し目や戻り目を教えてくれる、とても重要な役割があったんですね!

そしてこのように、押し目のタイミングで1回積み増ししたことで、
通常と比べて、またもや2倍もの利益差が出てきました!


いかがだったでしょうか?

このように、RCIは1本ではなく
3本で表示させることで、より分析力を高めることができます。

RCIは取引のバリエーションが多いので、
トレーダーによっては、オリジナルのやり方を
独自に編み出している人もたくさんいるんです。

1つ2つとパターンを覚えてしまえば、
そこから派生した、あなただけの
オリジナル手法が見つかるかもしれないので
RCIって本当に可能性が無限大なんです!!

ぜひ過去のチャートを見ながら研究してみてくださいね。

最後になりましたが
風邪などひかないよう健康には気を付けて、
より良いトレードライフをお送りください。

それでは、またみなさんにお会いできるのを
楽しみにしています!(^o^)ノシ

グローバル・ロイズ株式会社
大木

-RCI, ロイズマガジン

執筆者:

関連記事

【ロイズマガジン】vol.48 : RCI × 最新テクノロジーを使って、往復で利益を抜き取る! -その1-

こんばんは! グローバル・ロイズ株式会社の 大木です♪ 今年もロイズマガジンを どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m 僕は普段、願掛けはしないのですが、 2020年という1つ節目の年でもあるの …

ポジポジ病を利益に変える裏ワザ【新・ロイズマガジン】vol.104

How is it going! ジェームズ・のりです! どんなに相場が荒れようとも、 相場のセオリーというものは、 確認されることが多いです。 先週8月21日の金曜日に、 ユーロとポンドが大きく下落 …

no image

【ロイズマガジン】vol.1 : 今週のFX相場解説!

こんにちは! グローバル・ロイズの杉山です。 今週も始まりました 『ロイズマガジン』! 今朝の台風、凄かったですね! 過去最強の台風だったという事で、 電車の運休、遅延が相次ぎ、 本日の出社に苦労した …

100pips超!ラインを引くだけで相場を正しく捉える方法【新・ロイズマガジン】vol.80

お久しぶりです。 グローバル・ロイズの山田です! 最近、暑い日や雨の日が増えてきましたね。 5月も後半に入ると段々と、 天気も梅雨っぽくなり、いよいよ夏も目前だなと感じます(汗) そんな梅雨の雨や、初 …

【ロイズマガジン】vol.56:新型ウイルスで荒れるか!?今週の市場の流れを徹底解説!!

こんばんは! グローバル・ロイズの松山です。 先週は新型ウイルスとEU離脱が 市場を大きくかき乱しました。 中国による新型「コロナウイルス」の影響が 思いのほか大きくなり、 大きなポンド買い、ドル売り …


ドラストFXブログ
ブラストFXブログ
プロトリFXブログ

ネオスキャFXブログ

最先端科学FXブログ

休止中