ブルベア ロイズマガジン

【ロイズマガジン】vol.54:高勝率ポイントを見抜く!?誰もが必見の情報をお届け!-その1-

投稿日:2020年2月5日 更新日:

こんばんは!

グローバル・ロイズ株式会社
スタッフの友坂です。

今日も始まりました

『ロイズマガジン』

今週は僕が担当させていただき、
インジケーターの情報をお伝えできればと思います。

あなたがしっかりと
知識を身に付けられるように
お伝えしていくので、

最後まで
読んでいただけると嬉しいです!

●――――――――――――――――――――――○
 本日は『ブルベア』をご紹介します!
●――――――――――――――――――――――○

月曜日のロイズマガジンでは、
杉山が『ブルベア』の導入方法について
レクチャーしていましたね!

前回の内容を
実践して下さっている方なら、

現在のMT4のチャートには、
ブルベアがこんな風に表示されているはずです。

※ブルベアの設定方法については、
 こちらからどうぞ!

▼2020年2月3日(月)配信
【ロイズマガジン】vol.53 : 2月一発目!今週のボーナス相場を大公開!

では、準備が出来た方から
この先を読み進めていってください!

ここからはブルベアの特徴や使い方について
ご紹介させていただきますので、

しっかり付いてきてくださいね!

よろしくお願いします!

●――――――――――――――――――――――○
『ブルベア』の特徴と見方
●――――――――――――――――――――――○

最初ですが、『ブルベア』とは
アレキサンダー・エルダーが考案した

ブルパワー(Bulls Power)
ベアパワー(Bears Power)
2つを合わせた総称です。

もちろん、

2つとも独立したインジケーターなので、
ちゃんと各々に役割があるんです。

まず、
ブルパワー(Bulls Power)ですが、
こちらは最高値とEMAの差、

つまり、

ブルパワー = 現在の足の最高値 - EMA

という式で描画されていて、
基本的には相場の買い圧力を見極めるために使用します。

赤い棒グラフが
数値上「0」より上に伸びている(プラス)ときは
買いの勢いが強い上昇トレンドを示す指標です。

ブルパワーのプラスになっている
赤い棒グラフの推移が徐々に小さくなり、

マイナスに推移している場合は
相場に買いの勢いがないとみなされます。

そして、ベアパワー(Bears Power)

ベアパワー = 現在の足の最安値 - EMA

という最安値とEMAの差で描画されていて
基本的に相場の売り圧力を見極めるために使用するものです。

ベアパワーは青い棒グラフが
数値上「0」より下伸びている(マイナス)ときに
売りの勢いが強い下降トレンドを示す指標となります。

なので、
ベアパワーのマイナスになっている
青い棒グラフの推移が徐々に小さくなり、

プラスに推移している場合は
相場に売りの勢いがないとみなされるのです。

こんな感じで、
これら2つは潜在的な買い圧力と売り圧力を
読み取ってくれるので、

上昇していれば買い圧力が強い、
下降していれば売り圧力が強いと
一目で判断することが出来るんですよ!

●――――――――――――――――――――――○
 ブルベアのエントリー方法
●――――――――――――――――――――――○

では、ブルパワーとベアパワーが
どういうものか分かったところで、

今度はチャート上に
ブルベアを表示して

そのエントリー方法を
ご説明していきます!

この2つの計算式の違いは
最高値か最安値からEMAを差し引くだけですので、
チャート上では似たような形を形成しているんです。

そして、

チャート上を見ていくと、
ブルパワーもプラス、ベアパワーもプラスといった場面。

または、

ブルパワーもマイナス、ベアパワーもマイナスといった場面
ありますよね?

さて、この場面が何を示すのか、、

勘の良い人なら
もう気付いたんじゃないでしょうか!?

そうなんです。

まさにこのタイミングこそが
ブルベアのエントリータイミングなんです。

つまり、
最高値と最安値、EMAでどちらを差し引いても
同じ正負になる場合は強めのトレンド、サインになるということですね。

もっと簡単に言うと

トレンドが上向きであり、
ブルパワー、ベアパワーが両方プラスなら
買いサインでエントリー。

逆にトレンドが下向きであり、
ブルパワー、ベアパワーが両方マイナスなら
売りサインでエントリーができるということです!

チャート上の見方としても
かなりシンプルで、

【買いエントリー】
ブルパワーとベアパワーがともに0ラインを上抜けて
プラスのときに買いエントリー。


【売りエントリー】
ブルパワーとベアパワーがともに0ラインを下抜けて
マイナスのときに売りエントリー。


といった感じで判断することが出来ます!

どうですか?

とっても簡単なエントリー方法ですよね!

このようにブルベアは、
トレンド方向を視覚的に素早く理解できるという点で
とても優れているんです。

ぜひ、このエントリータイミングを
相場判断の材料として利用してみてくださいね!

●―――――――――――――――――――――――――○

さぁ、ここまでご紹介してきた
ブルベアですが、

前回のロイズマガジンで、
ブルベアは他のインジケーターと
組み合わせて使うことで、

その威力を上げることが出来る。
ということをお伝えしたと思います。

というのも、ブルベアは、
他のインジケーターと組み合わせることで、

さらに優位性のあるエントリータイミングを
見極めることが可能なんです!

しかし、
インジケーターといっても
その数は星の数ほどありますよね。

ブルベアは以前も紹介した通り、
マイナーなインジケーターなため、

どれが相性の良いものか。
といった情報は多くありません。

「じゃあ、相性の良いものを
 自力で見つけなきゃいけないんじゃ、、」

いえいえ、安心してください。

実はですね。

すでにブルベアの性能を
最大限まで活かすことに成功したツール
というのが存在してるんです。

そこで、
今日のロイズマガジンで
そのツールについての情報を少し、

僕の方から
ご紹介させていただければと思います。

●――――――――――――――――――――――○
168連勝、年間133,140pipsの神業を成したツール
●――――――――――――――――――――――○

168連勝、年間133,140pips。

この成績は、今お話ししたツールが
叩き出したほんの一部のものです。

これを聞いて、あなたはどう感じますか?

「そんなの信じられない」

と、あなたは思うかもしれません。
でも、これはまぎれもない事実なんです。

単体でブルベアを使った際の
トレード精度は絶対のものではありません。

しかし、このツールは、
ある最先端のテクノロジーによってブルベアの精度を極限まで高め、
この成績を実現しているのです。

そして、もちろん
この最先端のテクノロジーによる
ツールを使いこなすのに、

特別な知識やスキルはまったく必要ありません。

必要な事はただ

「ツールに素直に従えるかどうか」

というその1点のみ。

このツールは

相場判断が苦手な方、
FXの知識や経験が少ない方、
エントリーに自信が持てない方でも

素直にツールに従うことができれば
大きな利益を目指すことが可能になる。

そんな理想的なFXツールなんです。

このツールの詳細については
あさって2月7日(金)
にじっくりと
お伝えしたいと思いますので、

気になるツールの正体とその内容について、
あさって配信のロイズマガジンまで、
楽しみにしていてくださいね!

では!

グローバル・ロイズ株式会社 
友坂

-ブルベア, ロイズマガジン

執筆者:

関連記事

出来高を把握するメリットって何?【新・ロイズマガジン】vol.111

こんばんは。 グローバル・ロイズのキバです。 いつもロイズマガジンを 見ていただき、ありがとうございます! 前回のロイズマガジンでは、 “出来高”の基本的な情報について お伝えしました。 出来高を知れ …

もう限界!?6月のFX相場を勝ち抜く “ 戦術 ” を特別無料公開!【新・ロイズマガジン】vol.84

こんばんは。 グローバル・ロイズの松山です。 2020年の上半期も、もう終盤に近付いてきました。 5月は決算期もあり大きな価格変動が多い月でした。 しかし、米ドルは後半からレンジ状態が続いて なかなか …

一部のトレーダーだけが語るコロナ相場の真実【新・ロイズマガジン】vol.101

Hiya! グローバル・ロイズのジェームズ・のりです! 8月も中盤に差し掛かりましたが、 まだまだ暑いですね^^; 本当なら今頃、 「オリンピック特需」 なんて言葉が、 日本経済を賑わせていたはずなん …

コロナの悪夢。短時間でトレードを向上させる方法【新・ロイズマガジン】vol.91

こんにちは! グローバル・ロイズの津田です! あなたの周りで コロナ禍の影響を受けた方は いませんか? もしも、コロナ禍によって こんな影響があった、というのがあれば、 是非、お聞かせください。 僕ら …

出来高で利益を狙える4パターンを紹介!【新・ロイズマガジン】vol.112

こんばんは。 グローバル・ロイズのキバです。 いつもロイズマガジンを 見ていただき、ありがとうございます! 3回にわたって「出来高」について お届けしてきましたが、 今回のロイズマガジンは 出来高特集 …


ドラストFXブログ
ブラストFXブログ
プロトリFXブログ

ネオスキャFXブログ

最先端科学FXブログ

休止中