RSI ロイズマガジン 押し目買い、戻し売り 移動平均線

RSIで押し目買い!2択で稼げる順張りロジック!【新・ロイズマガジン】vol.132

投稿日:

こんにちは!
グローバルロイズ 横島棒太です!

普段使ってるインジケーターも、
少し視点を変えるだけで、
トレードの幅を一気に広げることができます。

前回はちょっと視点を変えた、
パラボリックのトレード方法をお伝えしました。
過去記事

トレンドの転換点を、
執行足の抵抗体として見る。

これだけのことで、
多少相場分析が甘くても、

文字通り「パパっと」利益を
狙うことができました。

では、逆に、

利益を可能な限り引っ張りたいときは、
どうすればいいのか?

「パラボリックを、
 そのまま使えばいいんじゃない?」

と、今、安直に考えたあなたは、
まだまだ石頭トレーダーです。

なぜなら、
パラボリックは転換してすぐに、
また転換することもあり、

一時的な「押し目や戻し」を、
見抜くことができないからです。


緩やかに上昇している場面でも、
転換が何度も起こっています。

こんな風に値動きが弱くなると、
頻繁に転換するため、

それだけを頼りにトレードをするとなると、
当然、頻繁にエントリーと決済を繰り返すことになりますし、

優位性のあるトレードを
するためには、

より、知識や経験が、
必要となってしまいます。

では、一体何なら、
トレンドを引っ張れるのか?

その答えは、
「RSI」なんです。

RSIの視点を変えてみる

RSIとは、オシレーター系のインジケーターで、
相場の「買われすぎ」と「売られすぎ」を、
判断できるものになります。

こちらも一般的には、
決済の判断や、

逆張りエントリーのツールとして、
使っている方が多いと思います。

とうことで、早速、
トレンド継続の判断をするために
先ほどのパラボリックのチャートに、
RSIを入れてみましょう!


・・・・・・・・RSIも判断しづらい波形ですね(汗

「何だよそれ!」

と、たくさんのツッコミが聞こえてきそうですが、
こんなオチではないので、
ご安心ください。

実は、” ひと手間 ” 加えるだけで、
RSIの見え方が、
劇的に変化するんです!

RSIに加えるひと手間は、

「50ところにラインを引く」

ということなんです。

では早速、
「RSIの50のところ」にラインを引いてみましょう。


どうです、
一気に見え方が変わりませんか。

ずっともみ合っているように見えた、
RSIですが、

その動きのほとんどは、
すべて「RSIの50ライン」より、
上で起こっていることなので、

「上昇の力は衰えてない」と、
リアルタイムで判断することができますよね。


買われすぎや、売られすぎによる
「相場の転換」を見るRSIも、

真ん中にラインを引くことで、

「上にあるか、下にあるか」を基準に、
「トレンドの継続」を見ることが、
できるようになるんです!

RSIを使った「押し目買いと、戻し売り」

1本ラインを引くだけで、
トレンド継続の判断が可能になるRSI。

ですが、たった1本のラインが、
RSIの可能性をさらに引き出すんです!

「上にあるか、下にあるか」で、
トレンドの継続がわかるということは、

相場が下落したとしても、
RSIが50のラインを割らなければ、

そこを「押し目」と、
捉えることができますよね。

ここまでわかれば、
やることは一つだけ。

移動平均線と、
組み合わせましょう!


移動平均線から大きく離れた相場が、
移動平均線に戻ったときは、

「押し目買いのタイミング」として、
多くのトレーダーに知られています。

ただ、それだけですと、
ダマシにあってしまうので、
RSIと組み合わせるわけです。

ということで、
ここからは、

移動平均線とRSIを組み合わせた、
「押し目買いと、戻し売り」の方法を、
解説していきます。

移動平均線は、

期間が短いと
乖離(かいり)が起きませんし、

期間が長いと、
エントリーができないので、

間を取って、
75MAを使います。

狙うポイントは、
もちろん、

離れた相場が、
移動平均線に戻ったタイミング。


上記のような場面でエントリーし、
RSIが50のラインを
大きく割らなければ、
保有し続ける。

たったこれだけで、
44pipsも取ることができます。

移動平均線への、
戻り具合や数値。

RSIの50ラインを
どれくらい割っているかなどは、
裁量の部分になるのですが、

上昇中に陰線が連続したり、
大きな陰線が出たりしたとき、

50のラインに対して、
どういう反応をしているかは、

押し目や戻しの判断としては、
有効と言えます。

ただ、時間足が大きいと、
エントリー回数が、
大幅に減ってしまうのと、

波形も判断しづらくなるので、
「5分足」か「15分足」がおすすめです。

特に1時間足で
上昇のトレンド出ている状態なら、

精度も上がるので、
興味を持った方はぜひお試しください!

グローバル・ロイズ株式会社
横島棒太

-RSI, ロイズマガジン, 押し目買い、戻し売り, 移動平均線

執筆者:

関連記事

【ロイズマガジン】vol.19 : 必読!今週の稼ぎやすい時間帯、大公開。

こんにちは! グローバル・ロイズの杉山です。 今週も始まりました 『ロイズマガジン』! 各地で甚大な被害を引き起こした台風19号。 復興が進む中、 さらに20号、21号と 新たな台風が日本に迫っている …

これを知らなきゃ大損!?分散投資のススメ【新・ロイズマガジン】vol.72

こんばんは! グローバル・ロイズ株式会社 制作スタッフの若林です。 前回のロイズマガジンは、もうお読みになりましたか? 前回はコロナ相場ができた理由と、より良いトレードをするうえで分散投資という考え方 …

FXで勝てるのは1割だけ?その真相とは【新・ロイズマガジン】vol.105

こんばんは! グローバル・ロイズの飛鳥です。 突然ですがあなたは、 「FXで勝てているトレーダーは  全体の1割しかいない」と、 こんな話を聞いたことがありますか? いま、この話を聞いて、 「1割の特 …

【ロイズマガジン】vol.53:2月一発目!今週のボーナス相場を大公開!

こんばんは! グローバル・ロイズの杉山です。 2020年もすでに1ヶ月が過ぎ 2月へと入りましたね! いやー、時間が経つのは本当に早いです。 今年もこんな感じで あっという間に過ぎていきそうな 予感が …

【ロイズマガジン】vol.47 : 今週のボーナス相場スケジュール大公開!!

こんばんは! グローバル・ロイズの杉山です。 さて、今週も恒例の 『ロイズマガジン』スタートです! 早いもので、年末年始休暇が明けてから 2週間ほど経ちましたが、 そろそろ仕事の疲れには 慣れてきた頃 …


ドラストFXブログ
ブラストFXブログ
プロトリFXブログ

ネオスキャFXブログ

最先端科学FXブログ

休止中